トラブルの後には

水回りのトラブルが起こったら、まずは状況の把握が重要になります。自分で処理しきれるものなのか、それとも専門の業者を呼ばなければいけない状況なのかをしっかりと把握する必要があります。例えばマンションやアパートなどの賃貸物件の場合には、天井や壁から水漏れが起こった場合には、紹介してくれた不動産屋さんや管理会社に連絡する必要もありますし、とにかく状況によって対応しなければいけない方法が異なります。

トイレのつまりや蛇口などから水が溢れているような緊急性の高い水回りのトラブルに関しては、なるべく早い段階で水道屋さんなどの専門業者に修理を依頼する必要があります。賃貸物件の場合には、管理会社の指示を待つ必要がありますが、自宅でしたらなるべく早く業者に依頼するようにしてください。

水道屋さんは沢山ありますのでどの水道屋さんを選んだら良いかわからない方も多いと思いますが、まずは地元の水道屋さんに注目してください。特に地元に昔からあるような水道屋さんは技術力が高く非常に重宝する存在です。また、水道屋さんのホームページを見て利用者の声などが紹介されているような場合には、かなり優良な水道屋さんの可能性が高いので参考にしてください。

トイレのつまり

水回りのトラブルで増えて来ているのがトイレです。トイレは毎日大量の水を使いますのでどうしても水回りのトラブルが多い傾向にあります。しかもトイレがつまってしまって使用できないと生活がとても不便になりますので、なるべくでしたらトイレをつまらせるようなトラブルは起こしたくないと思うのがみなさんの本音だと思います。

トイレのつまりを起こさせないようにするには、トイレのつまりが起こる原因を知る事がとても重要になります。トイレのつまりはトイレでは流せない物を流してしまった時に起こります。トイレのつまりで最も多い原因は、ティッシュペーパーです。ティッシュペーパーはトイレットペーパーと同じように思っている方も多く、ついつい流してしまいがちなのですが、ティッシュペーパーはトイレットペーパーよりも水に溶けにくいのでつまりの原因にもなります。

また、猫を飼っている方は、ネコのフンなどを流しているとつまりやすくなっています。犬よりも猫のフンはつまりやすいので注意が必要になります。一度に大量のトイレットペーパーを流すのもつまりの原因になります。トイレのトラブルを少しでも回避しようと思ったら、まずは流してはいけない物をしっかりと把握するようにしてください。